佐世保 ハルクリフォーム


  • HOME
  • 160)SWH事業

健康調査にご協力ください!

みなさんご存知ですか・・・?

『ながさき健康・省エネ住宅推進協議会』では、国土交通省・長崎大学医学部の協力を得て、住む人の健康増進につながる家づくりを行っております。
『ながさき健康・省エネ住宅推進協議会』とは、長崎大学副学長の調先生を会長とした建築と医療のコラボレーションにより住宅の温熱環境の改善を進めている団体です。当社はその事務局を行っております。

健康で長生きするためには、生活習慣病の予防に加え、適切な住環境を保つことが重要であると考えられています。
現在、国では『住環境』と『住人の健康』の関係性を、データとしてまとめる活動を進めております。
そこで健康調査という方法で皆様に協力をお願いすることとなりました。
地域の皆様の健康寿命の延伸のため、ぜひ皆様のご協力をお願い申し上げます。

健康調査の内容について

【12月~2月の冬季の間で2週間の調査】
特定健康診断の受診と結果の提供(日頃受診している方はコピーで可)
②アンケート記入
③血圧測定(毎日就寝前と起床後)
④活動量測定(万歩計)
⑤宅内の温度測定(指定された部屋に温室時計を設置)
お一人につき、健康診断新規受診料5千円+調査協力謝金5千円が国より支払われます。

※健康調査は選定基準に基づいて国交省からの選定がございます。

リフォームを希望される方への特典

一定の基準を満たすリフォームに対して
国が工事費用の1/2(最大120万円)を補助します!


【対象工事】
★Aタイプ ★Bタイプ
全居室の窓を内窓orガラス交換+天井or床の断熱工事 LDKの窓を内窓orガラス交換+旧式の給湯器からの交換
a.jpg b.jpg

※興味があられる方には『医師と考える 健康な家づくり』の小冊子を差し上げます。

資料請求もお気軽にどうぞ!


ハルクへのご相談・お問い合わせはこちらから